¥2,500 (+税)
2018.11.21 発売 NARC-2150 ¥2,750 (税込)
¥2,500 (税別)
 
女性作曲家ならではの繊細な感性、やさしさ、暖かさ…時には鮮烈な情熱! が満ち溢れている。安田正昭(ライナーノーツより)
Shine -輝く音の世界-|安田正昭 
~寺内園生ピアノ作品集

【曲目】寺内園生作曲
①静かな風
②~⑧ピアノ小曲集「宇宙船」 宇宙船の見える丘/パトロール艇/α星人のダンス/宇宙人の会話/星の女神/宇宙をとぶ信号/コントロール ターミナル
⑨氷の城
⑩イリュージョン
⑪~⑯組曲「クリアー」 心の自由へ/子守唄/ラブリー/アット・ナイト/アクア/未知への旅立ち
⑰~⑲アラベスク Ⅰ/Ⅱ/Ⅲ
⑳祈り

【演奏者】安田正昭(ピアノ)

【録音】2018年7月5日 武蔵野市民文化会館小ホール(①~⑯)
    2018年8月15日 君津市民文化ホール中ホール(⑰~⑳)



<プロフィール>
安田正昭(ピアノ):1967年東京生まれ。5歳よりピアノを始める。
1983年東京藝術大学附属音楽高校に入学。1984年同高校在学中、第30回マリア・カナルス国際コンクール・ピアノジュニア部門に優勝する。1986年東京藝術大学に入学。同年マントヴァフェスティバルに招かれリナルド・ロッシ賞を受賞。1988年パリに留学。パリ・エコールノルマルにてディプロマ取得後、パリ国立高等音楽院ピアノ科入学。1992年、同音楽院をピアノ、伴奏、室内楽の各科でプルミエ・プリを得て卒業。1989年第1回パリ・スタインウエイ・ピアノコンクール優勝。1990年フランス国際コンクール、ピアノ部門優勝。モーツァルト特別賞、メシアン特別賞を受賞。1992年第6回マルサラ国際ピアノコンクール第5位入賞。1995年第24回セニガリア国際ピアノコンクール第4位入賞。1996年第10回J.Sバッハ国際コンクール(ライプツィヒ)ファイナリスト。
2003年3月、パリから東京へ演奏の拠点を移す。2008年メシアン生誕100年を記念して、ピアノ・ソロ作品連続演奏会を3回にわたって開催し、絶賛を博す。2010年から2011年にかけて、朝日カルチャーセンターにて、故諸井誠氏のベートーヴェン・ピアノソナタ全曲講座に演奏出演する。2010年から毎年2月に東京文化会館にてリサイタルを開催している。
青木章子、坂井玲子、中山靖子、安川加壽子、ピエール・レアック、イヴォンヌ・ロリオ・メシアン、ミシェル・ベロフ、ブル-ノ・リグットの各氏に師事する。現在、上野学園大学准教授。

寺内園生(作曲):千葉生まれ。ピアノを中野洋子と伊達純に、作曲と和声を寺内昭、川井学の各氏に学ぶ。高校卒業後渡独し、マリア・フンク女史に作曲法を学んだ。
代表作には、既出版のピアノ曲集「氷の城・イリュージョン」「めざめ・静かな風」「斑鳩」「鳳凰堂と雲中供養菩薩八態」(CDドイツ・トロフォンCTH2324/ソニーTGCD90079)、「Clear」(LMCD-1866)のほか、子供の為のピアノ小曲集として、「メルヘンの国」「小さな夢」「遊園地・宇宙船」(音楽之友社)、「動物の大行進」(音楽之友社・CDフォンテック)、「マザーグース」(全音・CDフォンテック)、ギター小曲集「そよ風のメロディー」CD添付(現代ギター社)などデリケートな感覚と想像力豊かな抒情的作品がある。ヴァイオリン・ソロ曲「アクティヴ」は、1999年2月にNHK・FMより放送され、弦楽四重奏曲「ナルシス」は、2010年5月にドイツのオペラ・ベルリン室内楽の夕べで演奏された。日本作曲家協議会会員。

戻る

  copyrigh(c) 2005 Nippon Acoustic Records Inc. All Rights Reserved.